TOPICS

夜のお散歩に気を付けて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンちゃんの飼主様なら誰しもが、この暑い季節のお散歩を何時にしようかとお悩みかと思います。

当院でもご相談を受けることがありますので、「暑い時間をさけて朝方と夕方の涼しい時間で」とお伝えするのですが、大まかにしかお伝え出来ず、夜にお散歩をされる方も多いようです。

涼しい夜のお散歩は、我々も気持ちがいいものですので、つい気持ちが緩みがちですが、夜のお散歩では、ヘビなどの野生動物の襲撃にお気を付けください。特に山道や山に近い場所をお散歩される方は、夜のお散歩は控えていただいたほうがいいかもしれません。

この時期の診療には、ヘビに咬まれたワンちゃんや、ハチに群がられたワンちゃんが時折来院されます。夜は遠方からいらっしゃるケースもありますが、緊急性が高いため、致し方ありません。一晩待てば、亡くなってしまう可能性が高いため、悩むことなく、まずご連絡ください。

以下に、飼主様のご了承が得られましたので、一例ご紹介いたします。一つの参考としていただければ幸いです。

夜の8時過ぎに散歩をしていたところ、マムシに咬まれたとのことで、緊急来院されました。顔の左に咬傷があり、顔がみるみるうちに腫れあがってきました。各種検査では、異常を認めず、相手がマムシであることが飼主様の目撃談や、腫れ方で判明しましたので、集中治療を開始したところ、皮膚が壊死して脱落してしまうことや、毒素からくる急性の多臓器不全を防ぐことができ、無事に治癒しました。

IMG_3627集中治療前の様子です。

IMG_3650顔の腫れも引き、元気になりました!

夜のお散歩は、ふとした瞬間に死に直面する可能性もあるため、お散歩時間を含めまして、子どもたちの夏休みや、お盆を前にしたこの時期に、今一度ご確認とご検討をお願いいたします。

関連記事

026-284-1175 予約・お問い合わせはこちら
  日・祝
AM
9:00〜11:30
PM
4:30〜6:30
【診療受付時間】AM9:00~11:30、PM4:30~6:30
【休診日】火曜日/日・祝午後
 
臨時休診日や受付時間の変更がある場合がございますので、事前にホームページやお電話でご確認下さい。
地図